葉酸サプリ、遅すぎたら無意味?!

葉酸・・・ビタミンB9は女性と切り離せない栄養素です。

 

不妊対策の為にサプリを愛飲している女性も増えていますし、葉酸は妊娠中の貧血予防、流産防止予防効果も発揮してくれる有難いビタミンです。

 

流産トラブルにも関係していることですが、葉酸が持つ働きの中でも特に注目されているのは赤ちゃんの脳の障害など先天性の異常を回避しやすくなる作用です。

 

赤ちゃんの脳や神経が成長する妊娠初期に葉酸が不足すると、残念な結果に繋がりやすくなります。

 

日本で販売されている妊娠検査薬は大体月経が訪れる予定の日の1週間後から、正確な反応が出るようになっています。計画していない場合、もっと時間が経過してから妊娠に気づくこともあるでしょう。

 

実は、妊娠検査薬で陽性反応が出る頃、既に妊娠2ヶ月目に突入しています。胎児の脊椎が形成されるのは妊娠6週ぐらいまでの間なので、妊娠前から体内を充分な葉酸量で満たしておくことが大切です。

 

きちんと赤ちゃんを迎える準備をしている妊活中の女性なら、「葉酸サプリは妊娠前から!! 」という情報はよくご存じでしょう。

 

ただ、妊娠をきっかけに色々情報を集め始めている場合、もう遅いのではと葉酸サプリを買わずに済まそうとする傾向があります。

 

これは大変な間違いです。

 

最初にお伝えさせて貰ったように、葉酸は妊娠している間ずっと大切な役割を発揮してくれる栄養素です。

 

栄養対策に遅いということはありません。赤ちゃんがお腹の中で成長し続ける間、葉酸はずっとサポートしてくれます。