葉酸サプリを飲む最大の理由

葉酸には貧血を予防する働きなど多岐に渡る効能がありますが、妊婦さんに葉酸サプリが欠かせない最大の理由は赤ちゃんの先天性の異常を予防する効果があるからです。子供が欲しい、と漠然と思っている時は「男の子がいいな」、「ピアノを習わせたい」なんてわくわくする筈です。

 

けれど実際に身ごもった途端、多くの妊婦さんが望むのは「五体満足で生まれて来ますように・・・」という願いです。特にもう若くない年齢で妊娠した場合、ダウン症などの染色体異常の発症リスクが上昇してしまいます。

 

正常ではない染色体のせいで引き起こされる胎児の先天性異常は、ダウン症の他にも何種類かありますが、日本でも発症例が増えています。遺伝子が関係している確率が2割から3割程度で、6割以上は原因がはっきり分からないそうです。

 

ただ、体内が充分量の葉酸で満たされている状態で妊娠した場合、先天性の奇形トラブルに見舞われる可能性が低くなることが分かっています。その為、厚生労働省からも食事だけで必要ラインを突破するのが難しい葉酸をサプリなどで摂取するよう推進する対策が進められています。

 

母子手帳にも葉酸を摂取することの重要さが説明されています。

 

もちろん、葉酸サプリを服用していれば100%異常を回避することができるわけではありません。防ぐことができない場合もあります。

 

それでも、少しでも予防対策になることが分かっているなら、他の予防策と共に実行する価値は充分にある筈です。

 

ちなみに、妊娠検査薬で陽性が出るタイミングでは遅く、妊娠を予定している1ヶ月前から葉酸対策に取り組む必要があります。