葉酸でつわりとマタニティブルーを軽減!!

妊娠中の女性は葉酸サプリを飲むべき、と言われます。母子手帳にも葉酸の必要性に関して触れられています。普段あまりサプリメントを服用する習慣をお持ちでない方も「やっぱり飲んだ方が良いのかしら」と半信半疑でサプリを選んでいる最中かもしれません。

 

事実、葉酸には赤ちゃんの脳の異常や流産防止効果、貧血状態になりにくくなる作用などプラスに働くこと作用が多く、サプリを飲む根拠はしっかりあります。

 

また、実際に葉酸サプリを摂取している女性の多くが「つわりが軽くなった」と感じています。薬ではありませんから服用すれば必ずつわりが軽くなるとは言えません。ただ、葉酸サプリを飲まなかった1人目よりも、飲んだ2人目の時の方がつわりがきつくなかった、というエピソードがたくさん報告されていることは確かです。

 

つわりの有無、軽いかどうかで妊娠中の精神状態は大きく左右されます。つわりがひどいとまともな食事もとれなくなりますし、ひどい場合は入院が必要なのでお金もかかります。

 

更に、うつ病対策に葉酸サプリを服用している方も増えていますが、葉酸はマタニティブルーの軽減にも役立ちます。

 

妊娠中は精神状態が激しくアップダウンし家族との喧嘩にも繋がりやすいものですが、母体の精神状態は胎児にも影響します。エコーを使った実験でも、お母さんが笑っている時は赤ちゃんも笑顔が多くなることが判明しています。

 

イライラしていると血の巡りも悪くなり赤ちゃんに栄養も届きにくくなりますし、ストレスを抱えた母体から生まれた赤ちゃんは大人になってからうつ病を発症しやすい・・・なんてデータも報告されています。