買ってはいけない葉酸サプリの条件

葉酸サプリは妊娠中、確実に必要な分だけ補う為に頼もしい味方になりますが、非常にデリケートな時期なので「葉酸さえ摂取できれば何でもOK」と言うわけにはいきません。

 

理想を言えば天然葉酸を選びたいところですが、やはり品質の良い天然原料を使っているものは値段も高額になる傾向があります。合成成分の葉酸サプリは手頃なお値段で入手することができる点が、魅力ポイントです。

 

合成葉酸サプリがただちに母体と胎児に悪い影響を及ぼすということはありませんが、合成葉酸を多めに摂取すると分娩後の赤ちゃんが喘息になりやすいとのデータも報告されています。

 

どれぐらい有効成分が含まれているのか必ず確認した上でご購入下さい。また、マルチビタミンなど複数の栄養素がブレンドされているタイプのサプリメントの場合、ビタミンAの量にも注意が必要です。

 

そして買ってはいけないサプリの条件が、当たり前ですが添加物の多いタイプのものです。飲みやすさに工夫されているものは添加物も多くなるケースが目立ちますが、妊娠中は普段よりも肝臓に大きな負担がかかります。

 

赤ちゃんを授かってお酒もタバコも止めたから肝臓の良い休憩になる、と考えている妊婦さんも少なくありませんが、実は妊娠中の肝臓はフル稼働状態で疲れ切っています。普段異常に肝臓を労らなければならないのに、サプリメントの添加物で強い負担を与えてしまうと肝機能は著しく低下してしまいます。

 

赤ちゃんはお母さんの血液から栄養を貰っていますから、血液は常にきれいに保たなければなりません。肝臓がしっかり働いていないと血液に混じる老廃物も除去しきれません。